ジャックス エクストリームカードはWAONポイント還元率1.5%

当サイトをご覧になっている方の多くは、自分のライフスタイルに最適なイオンカードを既に見つけ、日々のショッピングに利用しているものと思います。

イオンカードを、イオングループのお店で利用するときは比類なきパワーを発揮します。「お客さま感謝デー」「お客さまわくわくデー」「ときめきWポイントデー」等々言うまでもありませんね。

しかし、一般加盟店での還元率はどうでしょうか。ショッピング利用金額200円=1ptの換算率で「ときめきポイント」が貯まるだけですから、還元率は理論上たった0.5%です。しかも、ポイントの積算は月間累計利用金額に対してではなく利用1件毎に行われるため、実際の還元率は0.5%未満となります(例:398円→1pt)。累計の利用金額に応じて還元率が段階的にアップするということもなく、一般加盟店ではどこまで行っても0.5%フラット。電気、ガス、水道、携帯電話、プロバイダー料金など月々相当のボリュームを占めるクレジット支払いにイオンカードを利用するのはもったいないとさえ感じます。

そんな不満を持つイオンカードユーザーに最適のサブカードが誕生しました。株式会社ジャックスが発行する「エクストリームカード(Extreme Card)」です。

年会費 追加カード 付帯サービス 電子マネーチャージ
本人会員 家族会員
※初年度無料
※次年度条件付無料(*)
(*)前年カード利用30万円未満の場合、本会員3,150円、家族会員420円
家族カード
ETCカード
海外旅行傷害保険
国内旅行傷害保険
カード盗難保険
ネットあんしんサービス
モバイルSuica(1.5%)
SMART ICOCA(1.5%)
Edy(0%)
nanaco(不可)

その魅力を一言で表せば、「WAONポイントが1.5%の還元率で貯まる」。

エクストリームカードをショッピングに利用すると、毎月の利用合計金額1,000円(税込)ごとに10ptのエクストリームカードポイントが貯まります。そして、エクストリームカードポイント2,000ptはGポイント3,000ptと交換することができます(下図参照)。

Gポイントというのは、ジープラン株式会社が運営する共通ポイントサービスで、Gポイントからは、各種ポイント、航空会社マイレージ、ギフトカード、銀行への現金振込など幅広い提携先に交換することができます。そして、提携先にはWAONポイントがあります。通常、100Gポイントを100円分のWAONポイントに手数料無料で即時に交換することができます(下図参照)。時折行われるキャンペーン期間中は、ポイントが増量され、100Gポイント=110円分のWAONポイントに交換することができます。

つまり、エクストリームカードを利用すると、1,000円毎に10ptのエクストリームカードポイントを獲得でき、それは15ptのGポイントと等価交換が可能。そして、15ptのGポイントは15円分のWAONポイントと交換可能ということになります。エクストリームカードは利用1,000円毎に15円相当のWAONポイントが貯まる超高還元率カードなのです

イオンユーザーの方なら、WAONポイントを電子マネーに交換することで無駄なく使い切ることができるでしょう。

Gポイントからは、Tポイント、nanacoポイント、Amazonギフト券、iTunes Digital Code等にも等価且つ手数料無料で交換可能です。

イオングループの支払いはイオンカードで、公共料金の支払や非イオングループでの支払はエクストリームカードで!両刀使いをお薦めいたします。

なお、エクストリームカードの年会費は本会員が3,150円、家族会員が420円でそれぞれ初年度無料です。そして、前年のショッピング利用金額30万円以上で次年度の年会費が無料となります。公共料金+アルファの支払いで実質的に年会費無料のカードとして使えるでしょう。

最高2,000万円補償の海外旅行傷害保険が自動付帯、最高2,000万円補償の国内旅行傷害保険が利用付帯していますので、旅行傷害保険が欠落している(*)イオンカードの保管としても使えるでしょう。

また、あまり需要はないかもしれませんが、全国約450店舗の宇佐美サービスステーションでエクストリームカードで支払いをすると、請求時にハイオク/レギュラー/軽油は2円/L割引、灯油は1円/L割引になります。燃料油以外のタイヤ、オイル、バッテリー、カーケア用品などは3%割引になります。

(*)イオンカードSuicaのみ海外旅行傷害保険が付帯していますが、死亡・後遺障害補償と傷害治療補償のみで余りに貧弱です。

宇佐美サービスステーション割引画像

このページの先頭へ