イオンオーナーズカード

イオンオーナーズカードは、イオン株式会社(東証一部8267)の株式を、毎年2月末日、8月末日の株主権利確定日の時点において100株以上保有の株主様に贈られる優待カードです。

株主本人用のカード1枚と家族カード(表面にFAMILYと記載)1枚の合計2枚贈られます。

株主権利確定日に株主名簿に記載されるためには、株主権利確定日を含む4営業日前=権利付き最終日までに株式を購入しておく必要があります。単に、配当金とイオンオーナーズカードを入手したいためだけでしたら、権利確定日を含む3営業日前=権利落ち日には株式を売却してもらっても構いません。
※営業日は土・日・祝日を除きます。

2013年2月を例に取ると、権利付き最終日は2月25日(月)、権利落ち日は2月26日(火)となります。

日本でメジャーなネット証券会社というと、楽天証券とSBI証券(旧イー・トレード証券)が挙げられますが、私はSBI証券でのイオン株式の購入をお薦めいたします。SBI証券には、株式を証券会社にレンタルすることで貸株金利=レンタル収入を得られる「貸株サービス」という精度があるからです。楽天証券では利用できません。貸株金利は銘柄により変動し、0.1%~5.0%程度。その多くは、銀行の定期預金の金利程度ですが、何も貰えないよりマシでしょう。

以下では、イオンオーナーズカードの4つの特典を紹介していきます。

最大7%キャッシュバック

イオンオーナーズカード最大の特典というべきがキャッシュバック特典です。

イオン、マックスバリュ、ザ・ビッグ、ビブレ、フォーラス、ウエルマート、マルナカ、ワイドマートドラッグ&フード、まいばすけっとなどの「キャッシュバック対象店舗」で買い物の際、イオンオーナーズカードを提示の上、現金、WAON、イオンカード、イオン商品券、マイカル商品券、イオンギフトカードで支払いをすると、買上げ金額合計に持株数に応じた返金率(下表参照)を乗じた金額が半年ごとに返金されます。但し、専門店など一部の会社・店舗では現金払いのみ特典適用になります。

返金対象となるのは、半年間で100万円(家族カード利用分含む)限度です。

持株数 100~499株 500~999株 1,000~2,999株 3,000株以上
返金率 3% 4% 5% 7%

イオンオーナーズカード提示による利用データは自動的に集計され、毎年3月~8月利用分については10月に、毎年9月~翌年2月利用分については4月に「オーナーズカードご利用明細書」と「株主ご優待返金引換証」が贈られてきます。

「株主ご優待返金引換証」とイオンオーナーズカードを返金取扱店舗のサービスカウンターに持参することでキャッシュバックを受けられます。

持株数に応じて、半年間で最大7万円のキャッシュバックを受けられますから、イオン系列店での買上金額が多い家族には相当恩恵が大きい筈です。

毎月20日・30日の「お客さま感謝デー」5%割引

毎月20日・30日の「お客さま感謝デー」に、イオン、マックスバリュ、イオンスーパーセンターなどの店舗でイオンオーナーズカードを提示の上、現金、イオンカード(クレジット払い)、イオンiD、WAON、イオン商品券、イオンギフトカードで支払いをすると5%割引となります。

この「5%割引」特典は、上記の「キャッシュバック」特典と併用が可能です。「お客さま感謝デー」にイオンオーナーズカードを提示して、イオンカードのクレジット払いをすれば、5%割引になった上、割引後の金額に対して200円=1ポイントの割合でときめきポイントを獲得でき、さらに、割引後の金額の最大7%のキャッシュバックを受けられるということです!

会計時割引・優待料金特典

イオンイーハート、イオンシネマズ、タルボット、イオンペットなどの店舗で会計時にレジでイオンオーナーズカードを提示するとその場で割引金額または優待料金で利用できます。

ただし、会計時割引・優待料金の特典店舗ではキャッシュバック特典の対象とはなりません。

イオンラウンジ特典

全国140箇所のイオン及びイオンショッピングセンターに設置の「イオンラウンジ」。イオンオーナーズカード会員の方は、会員証の提示で本人を含め同伴者4名まで無料で入室することができます。

このページの先頭へ